TED Talks Log

休職中4年目OLです。根本的な生きづらさを緩和するためにはどうしたらいいのか、考えたり試したり悩んだりしていきます。

TED Talks log

Ideas Worth Spreading

TED talk 「謙虚であれ」およびその他の教訓—「水の哲学」からの教え

昨日少し使い方の詳細を学んだので、今回からは見出しや目次を使っていきます。

そこまでするほどの分量でもないですが、今後の練習として、、

 

目次

要約

予定がつまって充実している、未読のメッセージが山のようにくる、一見充実しているように見えるこの状態でも、何かが足りないように感じてしまう。

そんな時に出会った漢詩によって、日々の忙しさの中でやり過ごせなくなったストレスや不安は流されていきました。

この「水の哲学」に関する漢詩の中では、次の3つが教訓として示されています。

  • 謙虚

水は低いところを流れながら生命を支え、報酬も承認も必要としません。

「私にはわからない」「あなたの助けが必要」と表現することも必要なのです。

また、成功についても自身のものをひけらかすのではなく他人のものを広める方が、ずっとやりがいのあることです。

他人の成功を手助けすることの方がより達成感があります。

この考え方を通して、周囲の人たちとより豊かな関係を築くことができ、新たな発見や出来事に目を向けることで人生が楽しくなります。

  • 調和

行く手を阻まれても、水は怒らず解決策を見出します。

自分の行動は周囲に調和をもたらすのか考えていくことで、人間も共存していけます。

あるべき姿でいることよりも、ありのままの姿でいることに重点をおくのです。

コントロールできないものはあきらめ、できるものに焦点をあてます。

自分だけで問題を解決しようとするのではなく、周りと協力して解決していくのです。

  • 寛容

水は温度によって形を変えます。

変化し続ける世界の中で、時代に合わせて自らのスキルを更新し活性化させることが、人にも求められています。

こだわりをやめることで、人生は素晴らしい経験をもたらします。

 

私見

水は全ての生き物にとって必要不可欠なものです。

その水の姿から人間の生き方に繋げていけること、というのは自身では考えたこともありませんでしたが、この話の中で人として大切な在り方を教えてくれるものだと感じました。

謙虚・調和・寛容。

これを満たすと、人はかなり穏やかで内面的にも人当り的にも優れた存在となれるのだと思います。

人当りに優れようと内面を押さえつけていくのではなく、自身を認めた上で進めていくことで、内外のギャップや無理をしているが故の苦しさを軽減できるのでしょう。

まずはできない自分を認めるところから、人に協力を求めるところから、始めていけたらと思います。

 

www.ted.com

来年の手帳(MARKS B6 ホール・ハート)

今日はTEDはおやすみして、 新しい手帳を買ったのでその紹介をしていきます。

MARKS手帳 B6サイズ ホールハート ピンク

特徴
  • マンスリータイプで薄くて軽い
  • 大人可愛いデザイン
  • シンプルな中身

以下、それぞれみていきます。

マンスリータイプで薄くて軽い

こちらの手帳はB6サイズで、よくある資格の勉強本より一回り小さいくらいのサイズ感です。

マンスリー手帳の部分とノート部分、あとは軽いサイズチャートや鉄道マップなどなので薄く、持ち歩きやすい手帳です。

大人可愛いデザイン

今回私が購入したのはピンクのものですが、どれもパステルカラー基調の柔らかな色合いの表紙にハート型がくりぬいてあり、中から別のまた柔らかな色が顔をだすデザインとなっています。

子供っぽくなりすぎず、可愛いを妥協しない方におすすめです。

シンプルな中身

先にも書いた通り、中身はマンスリー部分とノート部分で構成されているため至ってシンプルです。

ですがシンプルな中にもマンスリー部分は毎月違う色合いが使われており、シンプルかつ白黒ではないという良さがあります。

ノート部分も2デザインで構成されており、通常のよくあるノートの部分とベースにパステルカラーを使用しドットで罫線をひいた部分とに分かれています。

 

マンスリー自体は9月はじまりの手帳なので、今からしっかりと使っていけます。

お仕事にも使いやすいと思うので、そこまで予定を書き込まない方や可愛いもの好きな方におすすめの一冊です。

 

MARKS マークス 2019年1月始まり(2018年9月始まり) 手帳 月間式(月間ブロック) B6 ホール・ハート ラメ edit エディット 小物 大人かわいい おしゃれ 可愛い リフィル ほぼ 日 干支 スケジュール帳 手帳のタイムキーパー

価格:1,080円
(2018/10/27 11:14時点)
感想(10件)

 

 

TED talk 科学と研究における人間の感情の役割

科学は人間が作り出したものであり人間は感情をなくせない以上、感情は科学においても重要な役割を果たします。

献身・帰属感・権限を与えられることは一種の自己強化サイクルの中でうまく組み合わさって機能し、成果をよりあげられるようになります。

成功物語の中にいる人々は優れたチームに所属し、目標達成のために熱心に取り組み、手に入れられる全ての自由を掴もうと奮闘し、必要な責任を引き受けます。

科学は当然、事実と論理に基づくものですが、事実に基づく科学や技術革新を実行しそれを触媒するためには感情を利用することを恐れるべきではありません。

感情と論理は相反するものではなく、補完・強化し合うものなのです。

どんな仕事であれこれは大事な仕事だと確信し思う存分真剣に打ち込むことが成功に繋がります。

*****

性格診断の中には、「理論的に行動する方だ」「感情に流されやすい方だ」といった項目があります。

これは相反する二つとして、項目として扱われています。

科学はそのうちの理論にすっぽりとはまるものなのだと思ってきました。

ですが、科学に取り組む・発展させるモチベーションの部分に感情は大きく関わってきます。

論理を扱う科学を進歩させるためには、感情の力が必要です。

何を行うにしても、感情がその前提条件に存在します。

こういった考え方をしていくと、対極にあると思われる科学も他の物事と同様に人間が行うことだからモチベーションに左右されるといった意味合いでは変わらないのでしょう。

物事に取り組む姿勢として、感情を扱うことの重要さを認識させられるお話でした。

 

www.ted.com

TED talk 言語はいかに我々の考えを形作るのか

 人間は言葉を持っていることで、言葉を介在して考えを伝え合うことができます。

このおかげで時間や空間を超えて考えを伝えることができ、心から心へと知識を伝え合うことができるのです。

言語は現在7000種くらい使われており、それぞれの言葉は異なった構造を持っています。

言語によって場所の捉え方、時間軸の向け方、視覚認知、女性名詞や男性名詞など、言語によってとらえ方が違うことがたくさんあり、これは考え方に影響を及ぼします。 

現在、週に1つの頻度で言語が失われており、これは多様性を損なうことに繋がります。

言語は自身の考え方に影響を及ぼしているのだということを認識した上で自問していくことが大切なのです。

*****

言語によってニュアンスの強さや思考の明暗が違うな、というのは普段から感じるところはあります。

私は英語とフランス語程度しか齧ったことがありませんが、日本語と英語では訳しきれないニュアンスがあると感じましたし、フランス語に関しては女性名詞男性名詞の概念が新しく入りまた表現方法の差異を感じました。

言語のもつ背景によってその人の考え方の基盤が出来上がる部分は少なからずあると思います。

個人の性格はありながらも、そういった文化基盤も無視できないものでしょう。

思考・認知を形作る要素とし言語が果たす役割は大きいと思いますし、それはまた個性の一部分として受容し合える社会が理想だと感じました。

 

www.ted.com

TED talk データで見ると、世界は良くなっているのか、悪くなっているのか?

多くの人は数十年前は良かったと、昔を懐かしみます。

数字で見ていくと、私達の暮らしは健康・富・安全・知識・余暇といったものが改善され、幸せになりました。

しかし私たちはそれを認めようとしません。

思い出しやすいものに基づいて物事を判断するよう脳ができているためです。

進歩は問題解決であって、それに伴って新たな問題が発生します。

そうしたらまた、新たな問題の問題解決を行います。

より幸福に、健康に、生きていける方法を探っていくことが一番良いのです。

*****

いつもより5分くらい長いものを選んだら飽きました。。

 

「昔はよかった」と上の方はよくいわれている人も多いように思います。

私はミレニアム世代なのでほぼそういうことはまだないのですが、ヒトが生存本能的に変化を嫌う生き物だということも関係しているのかもしれません。

ただ「改善」は問題解決で、そこから生まれる問題があってもそれによって解決されている問題もあることを念頭において、変化を受け入れられる自分でいたいと思います。

これからの時代、よりスピード感をもった変化が進行していくでしょうし、取り残されずに自らも改善を提案していけるような人でいたいです。

 

www.ted.com

TED talk 仕事を探しているなら、経歴ではなく力を示そう

今の時代、大学の専攻に関連する分野の仕事をしている人は、4人に1人しかいません。

そのため社会に出てからまた新しく自身で専門性を身に着けなければなりません。

話者は経験のない職務に応募する時、自分で考えた事業分析やアイディアを取り入れたwebサイトの構築を行いアピールしました。

現在のRPA推進などを鑑みると、ほとんどの人はこれから未経験の仕事に就くことになるでしょう。

そんな流動的な環境下において優秀な人材を確保するためには、3つのポイントがあります。

1探索範囲を広げる(一流大学・一流企業からのみ選ぶのを止める)

2仕事ぶりで採用する(力を試す)

3全体像を見る(汚点があってもその背景を理解する)

経験と能力、資格と適正を取り違えないことが大切です。

現代は採用の枠を広げ、真に能力のある人へ門戸を開く時代にきたのです。

*****

従来の考え方が色々な分野で崩壊しつつある今、少し恐ろしい話でもあると感じました。

これは実力が全てで、それをいかに表現するかです。

コネやそもそもの家庭背景による教育環境の差などを鑑みるといいのかもしれませんが、実力をつけられる人というのは結局そういった背景要因がある結果なようにも思えます。

平等な社会の実現を考えれば考えるほど、遺伝や経済落差、家庭環境や教育にかける費用の違いなど現実的な要因が多数見えてしまい、本当の平等というのはどこを目指しているのかたまにわからなくなります。

主張を強くできる人とそうでない人、呑み込みが早くすぐにパフォーマンスをあげられる人と長期的に見たら優秀でもすぐにはあげられない人、そういった要因も考慮にいれた方がいいのだと思いますし、一辺倒に語れない部分が大きいのでしょう。

 

www.ted.com

TED talk オンラインの嫌がらせコメントから、オフラインの建設的な対話を生む方法

デジタルクリエイターの話者は、人気が出るにつれ悪質コメントをもらうようになりました。

彼はそのうち、いやがらせのメッセージを送ってくる人のSNSページを見て人としての影を感じることで気分をましにするようになり、さらにはそのうちの何人かに電話するようになりました。

「なぜそんな書き込みを?」といった始まり方で行う電話では、お互いの人間性がわかり背景を知り、相手のオンラインでの人付き合いを考え直させるきっかけとなることもありました。

対立する相手に共感することは傷つくことになるかもしれません。

それでも共感は支持をすることではないので、相手のことを知り共感することが役に立つことも多いのです。

*****

「自分ができる最も革命的なことは対立する相手と実際に対話することであって、暴言を吐くことではないんです」

「共感こそが対話を軌道にのせるために最も重要な要素なんです」

「共感は支持じゃない」

*****

いやがらせコメントを受けて書いた相手と電話するなんて、突飛だしすごいなと感じました。

お話の中でも人によってやり方があるしこれが正解なわけでもないと言われていますが、私は電話や直接の対話が一番取りづらい方法だと思うので、ここまでできてしまう話者には拍子抜けしてしまいました。

SNSをやってそこそこフォロワー数が増えたり影響力が出てきたら、いやがらせコメントはどうしても発生するようだということは認識していましたし、それでコメント欄を閉じてしまう方もいました。

何がいい・悪いとかではなく、過度にそれで傷つかない自分なりの方法を探せたらそれでいいのだと思います。

話者にとってはそれが相手の背景理解で、きっと誰かにとってはコメントを受け付けなくすること、またほかの誰かにとっては受けたコメントを受け流すことだったり、それぞれの折り合いのつけ方で傷を少なくやっていけたらと思います。

www.ted.com